自動車税の納付期限は?金額や税率などのご紹介

知ってほしいこと

自動車税とは?

簡単に言いますと自動車の所有者が

支払う税金のことです。

車検の際に支払う自動車重量税とは異なり

使用していない自動車であっても

必ず支払いが発生しますですが例外もあります

ただし、公道を走ることが出来る

自動車にかけられる税金なので

教習所場内専用の車などには

原則として自動車税がからないのです。

みなさんは税率や古い車は税金が高くなるのとか

軽自動車の自動車税はとか

気になるところを説明いたします

まず初めに

税率

自動車税税率は乗用車の場合は

総排気量が増えるほと

高くなるように設定されています

具体的には1,000㏄以下の場合

自家用車は29,500円

事業用車は7,500円となります

自家用と事業用で大きな

税額の差があることが分かります。

排気量が増えるほどに

税額の差が一層顕著になっていきます。

古い車は税金が高くなるのか?

13年以上が経過した

自動車などに関しては

自動車税が割り増しとなる

仕組みが採用されています

具体的には13年経過している

自動車などの自動車税は

115%となります

つまり1,000㏄の自家用車の場合は

29,500円から33,900円となります。

軽自動車の自動車税について

軽自動車の場合は普通車よりも

自動車税がやや安く設定されています

普通車の半額以下となっています

軽自動車の自動車税は排気量に関わらず

一律「10,800円」です。

ただし、13年以上経過した軽自動車税は

約20%くらい自動車税が加算されます

理由としては環境負荷が大きくなるためだそうです。

自動車税の納付期限は?

自動車税は4月の時点で自動車を所有していると

発生する仕組みになっており

納付書が5月上旬ごろに封書で届きます

ですが地域などにより異なる為ご注意ください!

納付期限は?

そして、いつまでに

支払わなければならないかというと

自治体によって変わる可能性もありますが

基本的には5月中5月末日までが一般的です。

アメリカの自動車税事情

高額の税金となる5.0L越えのアメリカンマッスルカーなど、大排気量車のニーズが高いアメリカの自動車税はどうでしょうか。

アメリカは、州ごとに差異はあるようですが、毎年1,000〜15,000円ほどのナンバープレート発行代(車両登録税)で済むとされています。

また、車検も排ガスチェック程度といったケースが多く、日本よりもはるかに緩く安価といえるでしょう。そもそもガソリンも安いですし、そうした理由から大排気量車に乗る文化が成立していたといえます。

自動車文化先進国、ドイツは?

自動車先進国というべきドイツの税事情は、日本と少し似た部分もあり、排気量100ccごとに課税される仕組みです。燃料によっても税金が変わります。

また、CO2排出量が少ないほど税額は安く、走行1kmあたりのCO2排出量が100g未満のクルマは免除になるというインセンティブもあり、概ね日本よりも税額は安くなっています。

何より特徴的なのは、皆さんご存知の「ヒストリック登録」。30年以上前のモデルかつ、オリジナルの状態を保っていることが認められると、工業製品文化遺産に認定され、”Hナンバー”が付与され、自動車税は約1万8000円で済むとされています。

モータースポーツを愛する国、英国は?

現行モデルの自動車税の課税基準は、CO2排出量と使用燃料の種類に応じたものとなっています。排出量が少ないほど税金は安く、排出量100g以下は税金免除となっているため、排気量や車種によっては高額になる制度でしょうね。

課税区分(CO2排出量)
BAND A(100g/km以下)…税額0円/年
BAND B(101g〜110g/km)…税額3,630円/年
BAND C(111g〜120g/km)…税額5,445円/年
BAND D(121g〜130g/km)…税額19,964円/年
BAND E(131g〜140g/km)…税額23,593円/年
BAND F(141g〜150g/km)…税額26,316円/年
BAND G(151g〜165g/km)…税額32,668円/年
BAND H(166g〜175g/km)…税額37,205円/年
BAND  I  (176g〜185g/km)…税額40,835円/年
BAND J(186g〜200g/km)…税額48,094円/年
BAND K(201g〜225g/km)…税額51,724円/年
BAND L(226g〜255g/km)…税額88,022円/年
BAND M(255g以上~)…税額90,744円/年

もっとも排出量の多いBAND Mでも約9万円なので、日本と比較すれば自動車税が若干安いのは間違いありません。

また、英国はヒストリックカーを維持するのに優しい国としても知られています。なんと「1974年1月以前に製造された自動車は課税対象外」とのことですし、ヒストリックカーそして文化への理解が深いといえますね。

さらに、2001年3月以前に登録された車両に関してもネオヒストリック的な位置づけの旧車としての課税設定がなされており、

・1549cc未満のモデル…約26,000円/年
・1550cc以上のモデル…約42,000円/年

となっています。

しかし、CO2排出量で課税額を決める制度が基本となっていることから、古いクルマでも環境性能が優れたモデルであれば税額が上がってしまう、という逆転現象もあるようです。

いずれにせよ、古いモデルやヒストリックカーに優しいというのが欧州の傾向といえそうですね。

お隣、韓国の自動車税事情

日本含め、ほとんどの国では、排気量やCO2排出量で自動車税を決めていますが、韓国は少々異なります。排気量ではなく、自動車の「販売価格」に準じて税金を決めるのだとか。

つまり、海外製の高級車に乗っていれば、排気量や環境性能を問わず税金が高くなるというもの。ダウンサイジングが主流の現在、排気量が小さくても価格が高ければ、税額も上がるという逆進性も指摘できる制度です。いずれにしても、高級車に乗る高所得者は多く納税すべき、といった考えなのでしょうか…。

以上、国によってさまざまな課税の考え方がありますが、いずれにしても日本の自動車税は非常に高い、というのは揺るがぬ事実ですね。

その分私たちの所得が上がっていれば不満もないのかもしれませんが、現実はそうではありません。なんとかこの税制度を改善してほしいと切に願うところです。